転勤が決まった!自宅はどうする?

転勤は突然決まりますよね。

 

転勤,自宅,売却,賃貸

 

転勤のときに困るのが今まで住んでいた自宅です。
賃貸に住んでいる人はいいんですが、分譲マンションや戸建ての人。

 

賃貸は自宅として残せますが、管理や客付け、不動産屋さんへの手数料など、けっこう費用がかかります。
自宅の設備が故障した場合は、大家であるあなたの負担になりますから、場合によっては転勤先と二重の住宅費がかかる場合もあるでしょう。

 

今、不動産は売り手市場です。
買った時より高く売れるケースが多いのを知っていますか?
(もちろん物件によりますが・・・)

 

賃貸か売却か迷っている場合は、まず「今の自宅がいくらで売れるのか?」知ってから比較してみるといいでしょう。

 

また、売却すると決めている人も、複数の不動産屋に査定してもらうことで、1,000万円の差が出るケースもあります。

 

複数で金額を算出してみないと、損ですね。

 

いくらで売れるのか知るには、ネットの簡単査定があります。

 

たとえば、スマイスターなどの不動産査定サイトです。

 

45秒で自宅がいくらで売れるかわかる【一括無料査定】
※個人情報は完璧に守られます。
詳細な見積もりのために、正確な情報の記入がおすすめです。

【目次】

  1. 転勤 自宅を貸した場合
  2. 賃貸の問題(管理やコストなど)
  3. 自宅を売却
  4. 賃貸か売却か

 

自宅の管理を誰かに任せる一つの方法とは

転勤 自宅を貸した場合は?Aさんの体験談

転勤,自宅,売却,賃貸

 

サラリーマンとして働くようになって早二十年半。仕事の方も順調に進み、ちょくちょく貯めたお金もかなり溜まったので少し前に念願のマイホーム購入を果たしました。まだ結婚をしていないので2LDKのマンションに一人暮らし状態なのですが、それでもやはり、持ち家があるというのは男にとって何よりも変えがたい財産だと思います。

 

しかし、私がマイホーム購入に浮かれていたのもつかの間、また新たな試練がわが身に降りかかってきました。その試練というのは、二年半という短期間の転勤です。
私に新しいプロジェクトの柱になってほしいという事だったのですが、やっと落ち着いた矢先に転勤だなんて、タイミングが悪すぎます。私が予想するに、これはおそらく私が一人身だから選ばれた仕事。とにかく、そういう訳で私は一時自宅を離れなければならない事態に陥りました。

 

しかし、二年半も家を留守にするのは不安です。掃除をしない事で家の中にホコリが溜まる事もそうですが、何らかのアクシデントで家具が家事で燃えたり泥坊に入られて盗まれるなんて事になったら、笑顔で転勤から戻って来る事などできません。

 

私が言えを離れるなら、そこには代わりに言えを守ってくれる人が必要だ。
そう思った私が辿り付いたのが、研修などでこの地に来る事になった学生に、二年半の間自宅を貸すという方法です。

 

こうすれば、私が気にしている部屋の掃除などの管理を借り家を申し出た学生に任せる事ができます。私は自宅を守ってもらい、学生は安値で寝床を手に入れる。これぞ、ウィンウィンな活用術です。

 

 

どこが大変、賃貸住宅の3つの問題点

賃貸の問題(管理やコストなど)

家を買う余裕がなければ、当然借家に住む事になる。その時に借りる側の主な問題となるのが、管理者に対し保証金として支払う敷金や、部屋を貸してくれたお礼として支払う礼金ですが、賃貸業を営む貸す側の人間にも、様々な問題が圧し掛かってきます。それが、マンションやアパートなどの管理業務です。

 

主に、管理業務で重要となるのは次の3つ。入居を申し出た入居者の審査と、入居者や家賃の管理。そして、入居者相談などの対応です。
まず入居者審査についてですが、管理業務で最も重要となるのは初めに行なうこの審査です。マンションやアパートなどの場合、1つの建物に数世帯がまとまって住む形になりますが、問題を起こしやすい人が入居すれば、当然建物内の雰囲気などが悪くなります。1つの部屋で共同生活をしていなくても、隣の部屋が1日中煩ければクレームがくる。だからこそ、初めに行なう審査が重要となるのです。
次に入居者や家賃の管理ですが、こちらは当然と言えば当然の業務になります。誰が部屋を借り、またいつ部屋を出るのか。そして、部屋を借りている人が決められた期日までにしっかり代金を支払っているのかを管理します。
最後に入居者相談などの対応についてですが、こちらも審査と同様、必須かつ大変な業務となります。なぜなら、クレームなどの対応もしなければならないからです。最近は、こうした業務を一括して委託するマンションなども増えているようですが、そこには当然余分な費用がかかります。
自ら管理できるのか、それとも委託して管理してもらうべきか。賃貸を始めるためには、まず個人の管理能力を考える事が必要です。

 

 

マイホームを売り払ったときに失敗しないために

転勤,自宅,売却,賃貸
マイホームを持つ事は、誰しもが一度は夢に描くものだと思います。それだけに、一度手に入れた自宅を手放すのはやっぱり心苦しい。私だってそうです。
どうしてそんな話をしているのかというと、急に実家に戻らなければならなくなったからなんです。初めはこの家をそのままにして実家に戻ろうかとも思ったのですが、両親から家を継ぐよう懇願され、結局、今住んでいる家を売り払って実家の家業を継ぐ事にしました。人生最後の親孝行です。
しかし、いざ自宅を売却しようと思っても、中々買い手が見つからなかったり、かなりの安値で購入を迫られたりして、思うようにマイホームの売却が進まない事って多いと思います。そうなると、買い手が見つかるまでの維持費が加算して、気付いた時にはかなりの大赤字になっているなんて事も。そんな事になれば、新天地で笑顔のまま新たな再スタートを切る事などできません。どうせなら、自分が納得できる条件で買い取っていただきたい。
そうやって私が頭を悩ませていたところ、職場の同僚がスムーズに話を進める良い方法を教えてくれたのです。それが、スマイスターという不動産一括査定サービス。
こちらでは、最大6つの会社が自宅の売値を一括審査してくれます。しかも、全国47都道府県の不動産会社を取り扱っているので、県内だけでなく県外からこちらに引越しを考えている人なども自宅の買い手として考える事ができる。つまり、このサービスを使えば、幅広い買い手と取引ができるというわけです。インターネットの利便性ここにありです。

 

転勤自宅売却.jpトップへ

 

自分に合っているのはどっち

賃貸vs売却 どちらがいいか?

人にはそれぞれ描いている夢があると思いますが、多くの人に共通する夢と言ったら、それはやはりマイホームを持つ事。これに限るのではないでしょうか。戸建てにしてもマンションにしても、自分の家を持てるという事は、誰もが感動を覚える事です。
しかし、社会人の転勤が当たり前のように起っている現代では、マイホームを持つ事に不安を覚える人も多いはずです。ついに念願のマイホームを手に入れたとたん、転勤の話や実家に帰らなければならない事情が出てくるなんて事もよくあります。
そんな時に浮き上がってくるのが、自宅を賃貸として残すべきか、それとも売却して売り払うべきなのかという問題です。一見この二つを比べると、誰かに家を貸して利益を得た方が良いと思うかもしれませんが、一概にそうとも言えません。なぜなら、誰かに家を貸すという事は、自分がその家の管理者になるからです。
確かに、家を貸す事で毎月何万というお金が自分のところに入って来るのは魅力的だと思います。しかし、その家の管理をするのは結局その家を財産として持っている自分です。
そうなると、敷金や礼金の管理、入居者や弁護士との相談といった事も必要となり、自らの私生活にも大きな負担が圧し掛かる事になります。仕事として賃貸を取り扱うならまだしも、私的に賃貸業を営むのはかなりの負担になるはずです。
それを考えると、この先の人生を明るく過ごすためには、持ち家を売却するという選択が最も有効的な方法のように感じられます。

 

\簡単45秒 完全無料/

プライバシーポリシーは完全保守されています。

【スマイスター】一括無料サイト

 

転勤自宅売却.jpトップへ